素直に解体工事は

意識しないように商品を眺める俺の後を小川雄太が通り過ぎビールコーナーに向かっていった。狙いはやっぱりビール。
持本香織さんの話では小川雄太はビールを大量に盗んだという話であった。今回もビールを盗むに違いないと俺は核心して、忍者のような忍び足で小川雄太の後を追いビールコーナーへ向かった。

小川雄太は陳列されたビールを、獲物を狙う鷹のような目で睨みつけていた。

俺はそんな小川雄太をお互いが見えない場所で意識できる距離まで近づいてからあることを考えてみた。

小川雄太の特殊能力とは何なのだろうかという疑問についてだ。ビールやチーズ鱈をごっそりと結んだ小川雄太。手品師みたいなマジックポケットがあったとしてもそれほど大量に隠せるものは存在するのか。俺の答えは素直に解体工事は無理とでた。

SNSでもご購読できます。