暫く解体工事を我慢して

2匹目が掛かって囮り交換して送り出したがラインに絡まる諸々で囮鮎が川底まで沈みませんわ。
暫く解体工事を我慢して泳がしていたが激しい雨で益々増水とゴミが流れて絡んだ木の枝に囮りをさらわれる。
これ以上無駄と諦め場所を移動しました。
高鷲のインターの橋辺りまで見たが益々濁りが入ってました。
夜明けと同時に竿を出した方々はそこそこ釣れた様ですね。
今まで渇水だったので鮎が固まっていたから放流点に入れば爆釣だっが、この増水で散らばり縄張り意識も上がって何処でも釣れる様になるかな?冷水病にならなければね。

まだ、川を上るのも早いので下流域の支流でやれそうな所を探して見て回ったが何処も赤濁りの濁流になりました。
郡上八幡からトンネル抜けて、亀尾島川や那比川に行ったがここも駄目でした。

那比からタラガトンネルを抜けて板取川上流まで行ったがやはり濁流となってました。
長良中央漁協管内の蕨生大橋の上下流の河原は草刈りがしてあり20日からの解禁準備は万端ですね。

SNSでもご購読できます。