個人的に解体工事

なにが正しいか分からず、考えることもしないから、他人の尻馬に乗ってふらふら他律で生きてる。そのうちに慣れて、他人の尻馬ということも忘れ、すっかり常識的な人間になったつもりになる。疑ってみない人はまずいですよ。しかも疑うことはとにかく一歩ではあるが、疑うだけでははじまらない。人は、他人から教育されたことをいったん否定、解体工事して、破壊して、自分で考えるということをしなきゃならない。わがままなちっさい自己、我欲の自己は、本当の自己ではないんだな。だから自由じゃない。狭い認識に縛られて、イライラしてしまう。
そう、イライラしてしまう。このように。このようにイライラしたから、昔みたいにとりあえず日記に殴りつける。
狭い認識を破壊して別の可能性へ移らなきゃいけない。でもどうにかしようと焦っちゃいけない。イライラはイライラだ。イライラをイライラしよう。もっと苦しまなきゃならない。苦しみが足りないから、底が抜けない。
辛抱することを覚えなきゃいかんよきみは。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*